本文へ

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、大田区文化振興協会プライバシーポリシーをご参照ください。

同意する

公演情報

2020年度 映像 蒲田リアクター計画

映像「蒲田リアクター計画」

(公財)大田区文化振興協会は、現代アート事業OTAアート・プロジェクト《マチニエヲカク》の一環として、2021年4月16日(金)から映像「蒲田リアクター計画」を配信しています。

~市川平(特殊照明作家) × 蒲田東口モニュメント~

この度、大田区在住の特殊照明作家・市川平とJR蒲田駅東口広場のモニュメント『上昇気流』とのコラボレーション映像を制作します。

市川平は、1988年『ドームのないプラネタリウム』を制作して以来、鉄や工業用素材などを使用した彫刻を長年制作してるアーティストです。2016年から、特殊照明作家として自身で制作した特殊な照明機械「移動式光源」などを用いて、多くのアーティストと精力的にコラボレーションを重ねています。今回、市川平とコラボレートするJR蒲田駅東口広場のモニュメント『上昇気流』は、1989年に制作されました。蒲田を羽田空港の表玄関として、飛行機の軌跡をモチーフとしています。平成の始まりに、大田区が市民とともに夢みた近未来都市のシンボルです。また、映像は美術家・大洲大作が撮影します。蒲田モニュメントと特殊照明(リアクター/化学反応装置)の遭遇にご注目ください!

映像は、2021年4月16日(金)12時から、当協会YouTubeチャンネルで配信します。

監修・出演:市川平(特殊照明作家)

1965年大田区生まれ、大田区在住。1991年武蔵野美術大学院修了。同年、第二回キリンコンテンポラリーアワード グランプリ受賞。第三回ジャパンアートスカラシップ グランプリ受賞。1988年『ドームのないプラネタリウム』を制作以来、現代的なモチーフを選び彫刻でありながら様々な素材、要素を取り入れ、SF的な物語性を感じさせる作品群を作り続けている。近年では『ドームツアープロジェクト』『マジカルミキサープロジェクト』などの目標達成型アートワークを手掛ける。2016年より元彫刻家の特殊照明作家として様々な現場で新たなフィールドを展開中。

モニュメント:『上昇気流』1989年

(株)横川環境デザイン事務所代表 故・横川昇二(後に東京工科大学デザイン学部教授)/都市環境デザイン会議、公共の色彩を考える会/東京藝術大学デザイン課修士課程1975年修了/隅田川桜橋・丸子橋・大師橋景観設計、上野中通商店街“上中”計画など/『パブリックデザイン事典』(共著、産業調査会)『カラーコーディネーションの実際:環境色彩』(共著、東京商工会議所)など。

映像:大洲大作(美術家)

大洲大作 写真

1973年大阪生まれ、横浜市在住。写真を軸に、営為を風景にみる。列車などの車窓にうつろい滲む、営為をうつす光そして影を掬い上げる《光のシークエンス》《遠/近》などを制作。主な展示に、2018-19年「めがねと旅する美術展」(青森県立美術館ほか)、2018年「あいちトリエンナーレ×アートラボあいち site & art 02 窓から。」(アートラボあいち)、2016年「さいたまトリエンナーレ」、2012-13年「始発電車を待ちながら」(東京ステーションギャラリー)、2019年「大洲大作 未完の螺旋」(旧·博物館動物園駅、個展)など。

主催

(公財)大田区文化振興協会
大田区

協力

蒲田東口商店街商業協同組合
伊藤丙雄(東京工科大学デザイン学部長)
スター楽器株式会社
グランデュオ蒲田店
ビッグエコー蒲田店