本文へ

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、大田区文化振興協会プライバシーポリシーをご参照ください。

同意する

協会について

ご挨拶

理事長 上條 俊昭 写真

当協会は、昭和62年7月に、大田区における文化振興を目的に創立されました。平成22年4月1日からは、公益財団法人大田区文化振興協会として運営しております。 大田区民プラザ、大田区民ホール・アプリコ、大田文化の森など地域の文化拠点の管理運営や、クラシック、JAZZ、伝統芸能等様々な主催事業を実施し、区民の自主的文化活動の活性化や、多くの方々に文化芸術の鑑賞機会を提供する事業を行って参りました。さらに、龍子記念館をはじめとする記念館の運営と展示等の企画事業を実施するなど、大田区の貴重な文化資源を保存し活用するための事業に取り組んできました。

当協会は、今後も公益財団法人として様々な地域文化振興事業に全力で取り組んで参ります。区民の皆様には、当協会へのより一層のご支援とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

公益財団法人大田区文化振興協会
理事長 上條 俊昭

当協会の施設

当協会は、大田区からの指定管理者あるいは管理受託者として、下記の8施設を管理しています。

施設一覧

えがく かなでる ひびく

平成29年7月、協会は創立30周年を迎えました。この間、大田区における文化芸術の振興に努め、地域の活性化と魅力あるまちづくりに貢献してまいりました。協会が何よりも求めていることは、文化をとおして区民の連帯と協調の輪を拡げること、人々の「豊かさ」へ貢献していくことです。

創立30周年にあたり、この理念を、シンボルマークとキャッチコピーで表現しました。協会の活動に関わる全員のベクトルを一致させ、未来へ向けた協会の取り組みをさらに強化し、社会に貢献していく決意を新たにいたしました。

協会が“扇”をとりまとめる「要」となるように、ひとびとが文化芸術をとおして未来に夢をえがき、希望をかなで、多くの人々の心に響き続けられるよう、事業を創造してまいります。

大田区文化振興協会 ロゴ
大田区文化振興協会は、
文化芸術を通して未来に夢を描き、希望を奏で、
多くの区民の心に響き続けるように努めます。