本文へ

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、大田区文化振興協会プライバシーポリシーをご参照ください。

同意する

公演情報

2022年度 大洲大作 Logistics/Rotations

蒲田駅東口屋外に仕掛ける大型映像インスタレーションです。

リーフレットPDFPDF

大洲大作 Logistics/Rotations

蒲田から羽田へ、海の向こうへと続いた羽田航空基地側線。今ふたたび、果てなき廻転を街に描き出す試み。

大洲大作

本作は、写真を軸に人の営みを光と影で捉えなおす行為を続ける美術家、大洲大作が蒲田の街に映像を仕掛ける、新制作のインスタレーションです。2019年「未完の螺旋」、2022年「Loop Line」に連なる作品であり、史実に残る引き込み線の記録を基に制作されています。

舞台は、終戦後の蒲田(大田区)であり、かつてその街を走っていた線路の道筋です。昭和初期に町工場とその働き手の倍増により地域経済を大きく発展させた蒲田は、戦時下の空襲で、約8割が焼け野原となり、終戦を迎えます。昭和21年3月、現在の蒲田駅東口周辺に、羽田飛行場拡張建設工事用資材などの輸送ルートとして省線(現・J R)蒲田駅から京浜(現・京急)蒲田駅を通る貨物線敷設工事が進められました。翌年に完成した線路の上を、多い日は1日に175両もの車両が蒲田の街を走り、厚木米軍砂利採石場などから羽田航空基地まで、資材をはじめ物資や兵員を運び続けたといいます。ふたつの蒲田駅を結んで続くその痕跡を、線路を去来したもの/ひとの記憶に辿る本作。ぜひ、ご高覧ください。

なお、本展は大田区のさまざまな文化資源とともにアートを創り、地域の活性化を目的としたOTAアート・プロジェクトの一環です。現代アート部門《マチニエヲカク》では、大田区の街なかにアートを仕掛けることで、新たな風景の創出を試みています。

開催概要

  • 会期:令和4年9月30日(金)~10月10日(月・祝)
  • 時間:18:30~21:00 ※会期中無休・天候によって中止の日有り
  • 会場:JR・東急「蒲田駅」東口周辺
  • 観覧料:無料
「大洲大作 Logistics/Rotations」展にご来場くださった皆さまへ

この度は、(公財)大田区文化振興協会主催事業へお越しいただき、誠にありがとうございました。
会場で配布いたしましたお手元資料(ハンドアウト)に掲載しております二次元バーコードに誤りがありました。ご迷惑をお掛けして、誠に申し訳ございません。

以下、正しいアンケートURLです。

アンケートフォーム別ウィンドウ

当展についての感想も含め、ご回答いただけましたら幸いです。
何卒宜しくお願い申し上げます。

関連イベント(事前予約制)

アーティストトーク【募集終了】

  • 開催日時:令和4年10月1日(土)19:00~20:00
  • 会場:第二美須ビル4階 会議室(大田区蒲田5-20-10)
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 定員:50名
  • 出演:大洲大作(アーティスト)、伊藤隆介(実験映像作家・美術家)
  • 参加申込:9月1日(木)10:00~9月15日(木)必着

会場MAP(GoogleMap)別ウィンドウ

ガイドツアー【募集終了】

  • 開催日時:令和4年10月2日(日)・10日(月・祝)各日19:00~
  • 集合場所:予約者のみご連絡
  • 対象:小学生以上
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 定員:20名
  • 参加申込:9月1日(木)10:00~9月15日(木)必着

作家プロフィール

大洲大作(美術家)

大洲大作 写真

写真を軸に、人の営みを光と影で捉えなおす行為を続けている。列車などの車窓にうつろい滲む、営為をうつす光そして影を掬い上げる《光のシークエンス》、果てなく廻り続ける環状線に現在をうつす《Loop Line》などを制作。近年の主な制作に、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2022」(六甲山芸術センター、兵庫、2022/開催中)、「大洲大作 Loop Line」(eitoeiko、東京、2022/個展)、「大洲大作 未完の螺旋(京成電鉄 旧・博物館動物園駅、東京、2019/個展)、「めがねと旅する美術展」(青森県立美術館/島根県立石見美術館/静岡県立美術館、青森/島根/静岡、2018‒19)、「あいちトリエンナーレ×アートラボあいち site & art 02 窓から。」(アートラボあいち、愛知、2018)、「写真+列車=映画 市川平 大洲大作 瀬尾俊三」(カマタ_ソーコ、東京、2017)、「始発電車を待ちながら」(東京ステーションギャラリー、東京、2012‒13)などがある。


未完の螺旋(2019)

L/0(2020)

Loop Line(2022)

主催

(公財)大田区文化振興協会
大田区

後援

一般社団法人 大田観光協会

特別協力

市川 平

機材協力

キヤノン株式会社

会場協力

NTT東日本
株式会社チッタ エンタテイメント
明治安田生命保険相互会社
明治安田ビルマネジメント株式会社
株式会社レックス
月村敏江

撮影・取材協力

株式会社アットカマタ
蒲田東口商店街商業協同組合
有限会社関鉄工所
SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
田宮惟吉

映像資料提供

米国国立公文書館

広報協力

京浜急行電鉄株式会社
東急電鉄株式会社

お問合せ

(公財)大田区文化振興協会 文化芸術振興課 TEL:03-3750-1611