本文へ

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、大田区文化振興協会プライバシーポリシーをご参照ください。

同意する

募集情報

おおた和の祭典2022 Part.2 日本の伝統文化と向き合う時間

和をつなぐ~和っく和っくな学び舎<伝統芸能編>

リーフレットPDFPDF

昨年度、多数のご応募をいただきました《邦楽器》《日本舞踊》ワークショップを再び開催!!
今回は、家族で一緒に日本文化に触れられる親子ペア参加枠を開設。全6回の練習を経て、ステージで一緒に楽器を奏で、日本舞踊を舞いませんか!

邦楽器コース
~日本の伝統楽器を習おう!~

江戸時代は庶民に文化芸術が広がった時代といわれています。
さまざまな習い事が活発に行われており、なかでも、邦楽器は大変人気がありました。
格式のある家庭で、たしなみの一つとされた「箏」、庶民に広く親しまれた「三味線」そして、能や歌舞伎舞台で用いられた「小鼓」。

全6回の練習(1時間半)を経て、12月11日(日)に大田区民プラザ 小ホールにて成果発表を行います。

詳細・お申込みはこちら

日本舞踊コース
~浴衣(着物)を着て、舞い踊る~

日本舞踊は、歌舞伎舞踊から展開した歴史・経緯があります。
舞で、風・木・鳥を表現したり、老若男女を踊り分けたり、多彩で魅力的な舞踊です。
今回は、着付から所作、日本舞踊の基礎を学びます。

全6回の練習(1時間半)を経て、12月11日(日)に大田区民プラザ 小ホールにて成果発表を行います。

詳細・お申込みはこちら

助成

(公財)東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京[伝統芸能体験活動助成]

和をつなぐ~和っく和っくな学び舎<華・茶・書編>

10月頃に情報公開予定です。