本文へ

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、大田区文化振興協会プライバシーポリシーをご参照ください。

同意する

募集情報

【募集終了】令和5年度 OTAアートミーティング

ゲストや講師などを招き、区民参加の交流の場として令和2年度よりスタートしたオンラインミーティング「OTAアートミーティング」。
広く意見や要望の聴取を行い、文化・芸術活動情報の共有や新たなネットワークの構築を目的としています。
主体的に文化・芸術活動を行うきっかけづくりの場とし、大田区内の文化・芸術活動の活性化・地域の魅力化を目指していきます。

過去の開催内容はこちら

アート活動のススメ@大田区《多様性×アート編》

多様性が求められる昨今において、東京オリンピック・パラリンピックを契機に、障がい者が文化・芸術に触れる機会やその分野での活躍も増えてきています。今回は、大田区における多様性とアートについて、その分野で活動支援や取り組みを行っているゲストの方々を招き語っていただきます。多様性とは何か、障がい者とアートの今後の可能性や取り組みについて探ります。

開催日 2024年2月8日(木)18:30~20:00
会場 大田区民ホール・アプリコ 小ホール
出演者 荻野夕奈(アーティスト)
屋敷有輝(無印良品 グランデュオ蒲田 店長)
富沢昇他(大田区立志茂田福祉センター 管理係 主査)
司会 (公財)大田区文化振興協会文化芸術振興課長 嶋村能守
費用 参加無料
定員 50名程度(定員を超えた場合は、抽選)
申込期間 2024年1月4日(木)~1月25日(木)23:59必着 ※募集受付は終了しました。
※2月1日(木)頃に応募者全員にメールにて当落をご連絡いたします。
申込方法 下記の『応募フォーム』からお申込みください。
お問合せ (公財)大田区文化振興協会 文化芸術振興課 広報・広聴担当
TEL:03-6429-9851

ゲスト

荻野夕奈(アーティスト)

1982年東京生まれ。主に花や人物をモチーフにして半抽象画を描いてる。 近年では香港、台湾、アメリカなど、国内外問わず油彩やアクリル画を多数展示。展覧会以外にもライブペイントやミューラル、グラフィックデザインにも取り組んでいる。2023年6月、求龍堂出版、作品集の第二弾である「Traces of Life」を刊行。2007年東京藝術大学大学院修了後、都内私立中学、高校で美術講師として勤務。2010-2012年に東京藝術大学教育研究助手を務める。2008年に大田区育成会のみなさんと、誰もが同じ場でアート制作ができる教室「ワークショップノコノコ」を立ち上げ、現在は講師2人とともに大田区さぽーとぴあにて金曜日月3回活動している。

屋敷有輝(無印良品 グランデュオ蒲田 店長)

東京都在住。ラゾーナ川崎、キャナルシティ博多、新宿、グランフロント大阪など、全国の無印良品の店長を歴任。2023年8月より無印良品グランデュオ蒲田に着任。大田区立志茂田福祉センターとともに絵画展を実施するなど、無印良品の店舗をプラットフォームとして地域と繋がる、土着化を推進。

富沢昇他(大田区立志茂田福祉センター 管理係 主査)

 

1964年東京都大田区生まれ。大学卒業後、民間企業を経て1988年に大田区役所に入庁。2019年大田区立志茂田福祉センターへ異動。大田区生産活動支援施設連絡会(おおむすび連絡会)担当として、区内障がい者施設利用者の工賃向上・社会参加の取組みを進めている。