menu

  • 標準
  • 拡大
フリーワード 検索

最新の展示情報

名作展「身体のありか 龍子の人体表現をめぐって」
会期:令和元年12月21日(土)~令和2年3月22日(日)

展示内容の紹介

 日本画家・川端龍子(かわばたりゅうし1885-1966)は、「健剛なる藝術」を主張し、それまでの日本画の常識を覆す大画面の作品を発表し続けました。その中には、実物よりもはるかに大きく描かれた人物を配した作品もあります。西洋美術に対抗できる人体表現の追求が日本画において必要であると述べていた龍子は、作品の人物の表現に仏教芸術の新解釈を試みていきました。

 本展では、造船所の職工を不動明王に見立て三尊形式で描いた《海洋を制するもの》(1936年)や、やわらかな曲線で豊満な女性の美を表した《山葡萄》(1933年)、《刺青》(1948年)、太平洋戦争末期、魚雷を突き進めていく三人の青年を金剛力士に見立てた《水雷神》(1944年)、孫たちに似せた二童子を不動明王とともに描いた《倣赤不動》(1946年)等を通して、仏教芸術の新解釈を目指した龍子の人体表現から、作品中に描かれた身体のありかを探ります。

 
「身体のありか」展 チラシ(PDF)

「身体のありか」展 プレスリリース(PDF)

「身体のありか」展 展示リスト(PDF)


■主な展示作品



川端龍子《源義経(ジンギスカン)》1938年、大田区立龍子記念館蔵


川端龍子《海洋を制するもの》1936年、大田区立龍子記念館蔵


川端龍子《水雷神》1944年、大田区立龍子記念館


川端龍子《印度更紗》1925年、大田区立龍子記念館


川端龍子《山葡萄》1933年、大田区立龍子記念館


川端龍子《刺青》1948年、大田区立龍子記念館

 展示情報

会期 令和元年12月21日(土)~令和2年3月22日(日)
開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日休館(1月13日(月・祝)、2月24日(月・祝)は開館し、1月14日(火)、2月25日(火)に休館)
年末年始(12月29日~翌1月3日)
入館料 一般:200円  小中学生:100円
※65歳以上(要証明書類)、未就学児は無料。
龍子公園のご案内 10:00、11:00、14:00
※上記のお時間に解説つきでご案内いたします。
ギャラリートーク 1月26日(日)、2月23日(日)、3月22日(日)
各日 13:00から40分程度
会場 大田区立龍子記念館

〇さまざまなご利用方法

■学校教育の一環でのご利用は、入館料を減免します
 
小・中学生及びそのご引率の方は無料、高校生及びそのご引率の方は半額の100円でご入館いただけます。
事前の申請が必要となりますので、お問い合わせください。


■65歳以上(要証明)は無料です

65歳以上(要証明)は無料のため、デイサービスのレクリエーションでご来館されるケースが増えています。その際は、介護者も無料にて入館可能です。事前にご連絡ください。


■その他、団体予約も受け付けています

団体料金(20名以上)は大人160円。65歳以上は各種証明書のご提示で入館料が無料になります。また、団体予約の場合、ご予約いただいた団体への庭園案内や簡易な作品解説を承ることができますので、事前にお問い合わせください。