menu

  • 標準
  • 拡大
フリーワード 検索

最新の展示情報

青龍社創立90年特別展「龍子と同時代の画家たち」 

会期:令和元年10月26日(土)~12月1日(日)

展示内容の紹介

 迫力ある大画面に、豪放な筆づかいの日本画家として知られる川端龍子(1885-1966)は、純粋在野の美術団体・青龍社の主宰として、戦前から戦後にかけて日本画を革新するため精力的に活動を展開しました。龍子が活躍の舞台とした青龍社は、龍子の画塾に通う塾生たちとともに1929年に創立され、今年で創立から90年を迎えます。
 当時、龍子は再興日本美術院(院展)において「一に川端、二に龍子」と評されるほど重用されていたにもかかわらず、院展を脱退し、自らの芸術を追求するために美術団体を起ち上げたのでした。「健剛なる藝術への進軍」――このスローガンが、青龍社の指針です。繊細さや優美さに対する力強い作品を目指したこの指針は、後に「会場藝術」という芸術観に高められ、大衆から支持を集めました。毎年秋の青龍社展覧会は、戦時中も欠かさず1965年の第37回まで開催され、わずか14名で始まった団体も、最終的には100名を超すような団体へと成長したのでした。
 本展では、青龍社創立90年を記念し、龍子の代表作のほか、青龍社草創期の構成員であった安西啓明や小畠鼎子、落合朗風らの青龍展出品作を展示、さらに、龍子から大きな影響を受けつつも青龍社を離れ、独自の芸術観で戦後の日本美術を牽引していった福田豊四郎、横山操らの青龍展出品作も紹介します。それらの作品群を通して、「形を変えたツェッペリンの現われ」と称賛された美術団体・青龍社の活動をふりかえるとともに、同時代の日本画壇の巨匠たちの作品を出品し、龍子が生きた時代の日本画の真髄にせまります。

特別展「龍子と同時代画家たち」チラシ(PDF)

特別展「龍子と同時代の画家たち」 展示リスト(PDF)


青龍社草創期、そして戦争を乗り越えた画家たち

青龍社を主宰した川端龍子の代表作《草の実》(1931年)、そして、《草の実》と同じ技法で描かれた《和暖》(1932年、宮城県美術館)が展示室に並びます。また、青龍社の創立から解散までを知る 安西啓明(1905-1999)や35年間連続出品を果たした不屈の女性画家 小畠鼎子(1898-1964)の作品を通して青龍社の草創期を概観します。



川端龍子《和暖》1932年、宮城県美術館蔵


安西啓明《夜桜》1931年、大田区蔵 


小畠鼎子《突進》1943年、武蔵野市立吉祥寺美術館蔵 

青龍社に学び、独自の芸術観を追求した画家たち

第3回青龍展で最高賞「青龍賞」を受賞した 落合朗風(1896-1937)の作品の他、青龍社の創立メンバーで戦後の日本美術を牽引した 福田豊四郎(1904-1970)、戦後の青龍社において豪放な筆致で注目を集めた 横山操(1920-1973)といった青龍社で活躍するも脱退し、独自の芸術観を追求していった画家たちを紹介します。




落合朗風《華厳佛》1931年、珍蔵寺蔵


福田豊四郎《山菜売る人達》1932年、秋田県立近代美術館蔵


横山操《グランドキャニオン》1961年、新潟市美術館蔵

【龍子と同時代の画家】日本画壇の巨匠・横山大観、川合玉堂との競演

龍子は青龍社の創立によって、父のように慕った横山大観(1868-1958)と決別しますが、戦後には和解し、深い交流のあった川合玉堂(1873-1957)とともに三巨匠展を開催しました。



 
 
第2回「松竹梅」展より
川端龍子 松《唐崎夜雨》、横山大観 竹《竹外一枝》、川合玉堂《野梅》1956年、水野美術館蔵

【龍子と同時代の画家】京都画壇で新感覚の日本画を追求した堂本印象

大正から昭和にかけて、帝展、日展で活躍した印象(1891-1975)は、仏画から歴史画、戦後は抽象画にいたるまで新感覚の日本画を追求し多彩な作品を描きました。1966年には、堂本印象美術館を自ら設立するなど、龍子と共鳴する側面の多い画家の大作を出品します。


堂本印象《乳の願い》1924年、京都府立堂本印象美術館蔵

特別展講演会を開催

「龍子と同時代の画家たち」
日時:令和元年11月23日(土・祝) 13:30~15:00
会場:新井宿特別出張所 3階会議室
対談:松尾敦子氏 (京都府立 堂本印象美術館 学芸員)
   聞き手・木村拓也(大田区立龍子記念館 学芸員)
定員:90名 (事前申込制・無料)

申込方法についてはこちらから

展示情報

会期 令和元年10月26日(土)~12月1日(日)
開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は開館し、その翌日に休館)
入館料 大人:500円  小中学生:250円
※65歳以上(要証明書)、未就学児は無料。
龍子公園のご案内 10:00、11:00、14:00
※上記のお時間に解説つきでご案内いたします。
ギャラリートーク 11月3日(日)、11月17日(日)、12月1日(日)
各日13:00~(30分程度)
会場 大田区立龍子記念館

〇さまざまなご利用方法

■学校教育の一環でのご利用は、入館料を減免します
 
小・中学生及びそのご引率の方は無料、高校生及びそのご引率の方は半額の100円でご入館いただけます。
事前の申請が必要となりますので、お問い合わせください。


■65歳以上(要証明)は無料です

65歳以上(要証明)は無料のため、デイサービスのレクリエーションでご来館されるケースが増えています。その際は、介護者も無料にて入館可能です。事前にご連絡ください。


■その他、団体予約も受け付けています

団体料金(20名以上)は大人160円。65歳以上は各種証明書のご提示で入館料が無料になります。また、団体予約の場合、ご予約いただいた団体への庭園案内や簡易な作品解説を承ることができますので、事前にお問い合わせください。