最新の展示情報

名作展「異国の情景 アジアへの熱情」
会期:平成30年9月8日(土)~12月9日(日)

展示内容の紹介

 日本画家・川端龍子(1885-1966)は、1929年に自身の美術団体である青龍社を設立すると、1930~40年代の激動の時代に社会情勢や国民感情を象徴的に描いた作品を発表しました。「海の生命線」と当時注目を集めた南洋諸島をテーマに《椰子の篝火》(1935年)や《海洋を制するもの》(1936年)、日中戦争が始まると今度は「陸の生命線」をテーマに《朝陽来》(1937年)や《源義経(ジンギスカン)》(1938年)、《香炉峰》(1939年)といった大作を次々に制作しました。それらの作品群は、まさしくアジアへの熱情ともいえる画家の表現欲求から生み出されています。
 本展では、異国の「風景」から「情景」を描きだした龍子の昂揚感から、太平洋戦争末期に描かれた《水雷神》(1944年)に顕著に表される精神性的なテーマへの移行を見ていくことで、戦争の時代を描いた龍子の使命感と制作に対する信念にせまります

「異国の情景」展 プレスリリース(PDF)
「異国の情景」展 チラシ(PDF)
「異国の情景」展 展示リスト(PDF)

■主な展示作品


川端龍子《香炉峰》1939年、大田区立龍子記念館蔵


川端龍子《源義経(ジンギスカン)》1938年、大田区立龍子記念館蔵


川端龍子《朝陽来》1937年、大田区立龍子記念館


川端龍子《水雷神》1944年、大田区立龍子記念館

 展示情報

会期 平成30年9月8日(土)~ 12月9日(日)
開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日
毎週月曜休館(9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月8日(月・祝)は開館し、9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)に休館)
入館料 一般:200円  小中学生:100円
※65歳以上(要証明書類)、未就学児は無料。
龍子公園のご案内 10:00、11:00、14:00
※上記のお時間に解説つきでご案内いたします。
ギャラリートーク 9月30日(日)、10月28日(日)、11月25日(日) 各日 13:00から
会場 大田区立龍子記念館

〇さまざまなご利用方法

■学校教育の一環でのご利用は、入館料を減免します
 
小・中学生及びそのご引率の方は無料、高校生及びそのご引率の方は半額の100円でご入館いただけます。
事前の申請が必要となりますので、お問い合わせください。


■65歳以上(要証明)は無料です

65歳以上(要証明)は無料のため、デイサービスのレクリエーションでご来館されるケースが増えています。その際は、介護者も無料にて入館可能です。事前にご連絡ください。


■その他、団体予約も受け付けています

団体料金(20名以上)は大人160円。65歳以上は各種証明書のご提示で入館料が無料になります。また、団体予約の場合、ご予約いただいた団体への庭園案内や簡易な作品解説を承ることができますので、事前にお問い合わせください。