menu

  • 標準
  • 拡大
フリーワード 検索

大田区民プラザ公演情報

はじめのいっぽ♪コンサート
~オペレッタ《こうもり》第2幕から~

2020 02/02 (日)

公演(公演情報)_施設_大田区民プラザ

TOKYO OTA OPERA PROJECT第1弾!
オペラを体感したい!と公募で集まった区民合唱メンバーが、約半年かけて“歌”、演技”、所作”を学び、
プロの人気オペラ歌手と一緒にステージに立ちます!
本公演は、オペレッタ《こうもり》をちょっぴりアレンジして、日本語上演にてお届けします。
合唱メンバーの晴れ舞台、どうぞお楽しみに!!


TOKYO OTA OPERA PROJECT2019につきましては、こちらをご覧ください。


会 場 大田区民プラザ 大ホール
開 演
(開場)
14:30開演(14:00開場)
出演 松田義生(指揮)
望月哲也(アイゼンシュタイン)
金山京介(ファルケ)
城 佑里(ロザリンデ)
種谷典子(アデーレ)
TOKYO OTA OPERAコーラス(合唱)
吉田貴至(ピアノ・プロデューサー)
原田園美(ピアノ)          
スタッフ 演出:髙岸未朝
舞台監督:八木清市(ニケステージワークス)
照明:渡邉雄太(ASG)
ヘアメイク:吉池アサノ     
助成 一般社団法人地域創造
制作協力
株式会社都路アートガーデン

チケット情報

オンラインチケット購入チケット発売日:10月16日(水)10:00
チケットの購入方法についてはこちらをご覧ください。

料金(税込)

1,000円(オンライン価格 950円)

全席指定  ※未就学児入場不可

スタッフプロフィール

髙岸未朝 Misa Takagishi(演出家)



東京都生まれ。明治大学文学部演劇学専攻卒業。劇団俳優座研究所文藝演出部修了。両親が画家という環境で幼少時から絵筆を持つ生活を送り、芸術の道へと目醒める。学生時代より舞台活動を開始し、脚色・演出を手掛ける。2004年6月にはマスカーニ作曲「友人フリッツ」(小劇場オペラシリーズ)の演出で新国立劇場にデビュー。2009年6月にはモンテヴェルディ作曲「ウリッセの帰還」(東京二期会)をヘンツェ編曲版で日本初演、「オペラ演出かくあるべし」と各紙で絶賛される。演出作品「トゥーランドット」(2013年)、「ポッペアの戴冠」(2019年)が三菱UFJ信託音楽賞奨励賞を、「イル・トロヴァトーレ」(2017年)が三菱UFJ信託音楽賞をそれぞれ受賞した。活動の場はオペラに留まらず、演劇やコンサートと幅広く、脚色・ステージング・振付と多岐にわたる。現在、東京藝術大学、国立音楽大学・大学院、相愛大学音楽学部、劇団俳優座演劇研究所各講師。劇団俳優座文藝演出部所属。

出演者プロフィール

松田義生 Yoshiki Matsuda(指揮者)

        

神奈川県出身。高校卒業後、単身オーストリア、ウィーンに渡り、フランツ・シューベルト音楽院に留学。ピアノ、楽曲分析(歴史的演奏習慣)をサラ・マリア・サージェント女史、指揮法をペーター・イレーニ、エルヴィン・アッチェル、ユーリ・シモノフの各氏に師事。2000年、オーストリアのクラーゲンフルトにてミヒャエル・ラドゥレスク氏主催のバッハアカデミーに参加、バッハのカンタータ等の歴史的演奏解釈について学びディプロマを取得。2008年、ハンガリーのブタペストで行われた国際指揮マスタークラスにて優秀者に選ばれ、終了演奏会にて、リスト・ヴァーグナー管弦楽団を指揮。2009年には、ドイツのウルム、バートライヒェンハルでの演奏会、現地のオーケストラとの日独合同演奏会を指揮し、地元の新聞等でも取り上げられ、好評を博する。帰国後は、横浜シティオペラをはじめ、藤原歌劇団、日本オペラ協会、日生劇場、東京室内歌劇場など、多数のオペラ団体に副指揮者として参加しているほか、各地のアマチュアオーケストラや合唱団の指揮、指導をおこなっている。


望月哲也 Tetsuya Mochizuki(アイゼンシュタイン/テノール)

 
東京藝術大学卒業。同大学院オペラ科修了。学部在学中に安宅賞、松田トシ賞を受賞。大学院在学中にドコモ奨学金を授与。二期会オペラスタジオ修了。最優秀賞、川崎静子賞を受賞。文化庁派遣在外研修員として、オーストリア・ウィーンに留学。第11回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位。第70回日本音楽コンクール第2位。モーツァルトのオペラ作品に数多く出演、「魔笛」タミーノ役でヨーロッパデビュー。近年は、ワーグナーやプッチーニなどもレパートリーとしている。2018年6月には上海交響楽団の定期演奏会に招聘され、リヒャルト・シュトラウス「サロメ」ナラボート役で出演。宗教曲や交響曲の分野では、バッハ「マタイ受難曲」の福音史家の役をはじめ、約40作品以上のレパートリーを有し、著名な指揮者との共演も多い。二期会会員。大阪音楽大学特任准教授。国立音楽大学、聖徳大学講師。

金山京介 Kyosuke Kanayama(ファルケ/テノール/合唱指導)



島根県松江市出身。国立音楽大学首席卒業。東京藝術大学大学院オペラ科修了。二期会オペラ研修所第56期マスタークラス修了。修了時に優秀賞受賞。2015年7月東京二期会・リンツ州立劇場との共同制作「魔笛」主役タミーノ王子でセンセーショナルなデビューを飾り、演出の宮本亜門氏から、“その容姿、実力は正にオペラ界の貴公子、演技の感も見事”と絶賛された。日生劇場公演「ドン・ジョヴァンニ」オッターヴィオ、「セビリアの理髪師」伯爵、「後宮からの誘拐」ベルモンテ等で出演。最近では2018年東京二期会「後宮からの誘拐」、2019年東京芸術劇場シアターオペラ「ドン・ジョヴァンニ」に立て続けに大舞台に出演。宗教曲ではメサイア、第九等のソリストも務める。また「金山流×吉田流」と題したジョイントリサイタルをピアノの吉田貴至氏と開催。恵まれた容姿と声を持ち合わせる、今をときめく注目のテノール。声楽ユニット“La Dill (ラディル)”メンバー。「匂い立つ風」をクラウンレコードよりリリース。二期会会員。

城 佑里 Yuri Jo(ロザリンデ/ソプラノ)



東京都出身。国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業。同大学院音楽研究科修士課程声楽専攻(オペラコース)修了。声楽を岩森美里、羽根田宏子の各氏に師事。東京都同調会新人演奏会、読売新人演奏会に出演。二期会オペラ研修所マスタークラス修了時に優秀賞及び奨励賞受賞。成績優秀者による白寿ホールでのデュオリサイタルに出演。東京二期会本公演「イドメネオ」エレットラ役アンダースタディをつとめる。「第90回二期会オペラ研修所コンサート」「二期会新進声楽家の夕べ」「第4回二期会モーニングDIVA DIVO」に出演。オペラでは、「フィガロの結婚」伯爵夫人、「ラ・ボエーム」ミミ、「修道女アンジェリカ」、「トスカ」タイトルロールで出演。2017年ウィーン国際音楽ゼミナールにて声楽マスタークラスのディプロマを取得。第1回シド音楽オーディション優秀賞受賞。第34回ソレイユ音楽コンクール音楽現代新人賞受賞。二期会会員。

種谷典子 Noriko Tanetani(アデーレ/ソプラノ)



広島県出身。国立音楽大学声楽専修及び同大学院修士課程声楽専攻(オペラコース)を首席で卒業。学部卒業時に武岡賞、大学院修了時に声楽専攻最優秀賞受賞。第81回読売新人演奏会に出演。宮内庁主催桃華楽堂御前演奏会に出演。新国立劇場オペラ研修所第16期修了。これまでに《フィガロの結婚》スザンナ、《ドン・パスクワーレ》ノリーナ、《なりゆき泥棒》ベレニーチェ役等で出演。平成28年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてイタリア・ミラノ、スイス・ルガーノにて研鑽を積む。文化庁・東京二期会主催《明日を担う音楽家による特別演奏会》にて、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。これまでに菅野宏昭、下原千恵子、Luciana Serraの各氏に師事。ザルツブルグ・モーツァルテウムサマーアカデミー2017、2018に参加し、選抜演奏会に出演、ディプロマ取得。第24回リッカルド・ザンドナイ国際コンクール(2017/イタリア)東京メトロポリタンオペラ財団賞受賞。第16回東京音楽コンクール(2018)声楽部門第2位。二期会会員。

TOKYO OTA OPERAコーラス(合唱)



2019年4月に募集した、3年計画のオペラプロジェクト第一弾「TOKYO OTA OPERA PROJECT2019」区民合唱メンバーの公募により集まった36名。約半年かけて発声や所作(身体の使い方)、演技などを体験しながら、オペレッタに挑戦中。

吉田 貴至 Takayuki Yoshida
(ピアニスト/コレペティトゥール/プロデューサー)



東京都大田区出身。国立音楽大学声楽学科卒業。在学中よりオペラのコレペティトゥール(声楽家のコーチ)を志し、卒業後、二期会においてオペラ伴奏者としてキャリアをスタートさせる。以降、国内外のオペラ公演において音楽スタッフ、オーケストラの鍵盤楽器奏者として参加。2012年ウィーン・プライナー音楽院でオペラ伴奏の研鑽を積む。以降欧州各地に招かれ、マスタークラスのピアニストを務めた。また多くの著名な声楽家との共演ピアニストとして、尾崎亜美氏をプロデューサーに迎えた、“La Dill”(ラディル)の専属ピアニストとして全国各地で活躍。2010年BeeTVドラマCX「サヨナラの恋」では俳優・上川隆也氏のピアノ指導及び弾き替え、ドラマ中の演奏を担当。プロデュース公演に「アラカルテ」「歌唄い」「徹の世界」、2019年より大田区文化振興協会主催“TOKYO OTA OPERA PROJECT”のプロデューサー兼コレペティトゥールとして携わり、公演プロデュース力にも高い評価を得ている。現在、二期会ピアニスト、宝仙学園保育科ピアノ講師、日本演奏連盟会員。
吉田貴至 ブログ http://ameblo.jp/takayan-yoshiyan/

原田園美 Sonomi Harada(ピアニスト/コレペティトゥール)



武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。第16回ぐんま新人演奏会合格、出演。第19回草津夏期国際音楽アカデミーに群馬県派遣員として参加。第18回練馬文化センター新人演奏会合格、優秀賞受賞。2004年渡伊。コレペティトゥールとして研鑽を積む。IBLA World Competitionにて伴奏優秀賞受賞。2005年イタリアスポレート実験歌劇場アカデミーに首席合格。同劇場にて数々の作品に音楽スタッフとして参加。また2007年よりノルドフィヨルドオペラ(ノルウェー)にも度々音楽スタッフとして参加。現在、新国立劇場オペラ研修所講師、二期会オペラ研修所ピアニスト等を務め、他にも様々なプロダクション、コンサートに携わっている。