お知らせ&トピックス

【ご案内】かなの美展「近代短歌とかな」の開催

2018/09/08展示(お知らせ&トピックス)_施設_熊谷恒子記念館

かなの美展「近代短歌とかな」

会期:平成30年9月8日(土)~12月9日(日)

■展示内容の紹介
 熊谷恒子(1893~1986)は、昭和期に現代女流かな書家として書壇の第一線で活躍した人物です。恒子のかなは、奈良・平安時代に興隆した、平安朝の流麗な書風を特徴としています。恒子の優美な書には、近代歌人の短歌を題材とした作品を多く残しています。本展では、「近代短歌とかな」と題し、恒子がかなで書いた近代短歌の作品を中心に展示します。短歌を書いた色紙形を屏風に貼った正岡子規の《秋の夜を》や、若山牧水が詠んだ《大なみに》などを展示する予定です。

かなの美展「近代短歌とかな」 プレスリリース

《秋の夜を(正岡子規)》 1959年

■展示情報
会期 平成30年9月8日(土)~平成30年12月9日(日)
開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(9月17日(月・祝)、24日(月・休)は開館し、9月18日(火)、25日(火)は休館します。)
入館料 大人:100円 小人:50円
※65歳以上(要証明書類)、6歳未満は無料。
ギャラリートーク及び庭園案内 9月15日(土)、10月27日(土)、11月24日(土)
ともに13:00~(30分程度)
会場 大田区立熊谷恒子記念館