menu

  • 標準
  • 拡大
フリーワード 検索

アプリコ公演情報

アプリコお昼のピアノガラコンサート in Winter
2台ピアノによるア・ラ・カルトなピアノ協奏曲の世界PART.Ⅱ

2021 02/05 (金)

公演(公演情報)_施設_アプリコ

「公演時の協会の感染拡大防止の取組みについて」「公演にご来場される皆さまへのお願い」をご確認のうえ、ご来場をお願いいたします。            

2018~2019年度大田区文化振興協会フレンドシップアーティストが、
再びアプリコのステージでピアノ協奏曲をお届けします! 研鑚を積み、成長した姿・演奏をご堪能ください。
アプリコ​お昼のピアノ・コンサートにつきましては、こちらをご覧ください。

会 場 大田区民ホール・アプリコ 大ホール
開 演
(開場)
18:30(17:45)
出 演
曲 目
(予定)
シューマン:ピアノ協奏曲
(演奏:名鏡由梨/伴奏:荒由香里)
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第3番
(演奏:石川美羽/伴奏:池内 堯)
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲
(演奏:木邨清華/伴奏:五味田恵理子)
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番
(演奏:秋山紗穂/伴奏:池内 堯)

※プログラム、演奏順は都合により予告なく変更となる場合があります。予めご了承下さい。

チケット情報 

オンラインチケット購入

オンライン先行発売日:2020年12月12日(土)12:00~
一般発売日:2020年12月16日(水)10:00~


チケットの購入方法についてはこちらをご覧ください。

料金(税込)

全席指定 ※未就学児入場不可
 1,000円 (オンライン価格:950円)

※客席数を制限しての販売となります。

出演者プロフィール

名鏡 由梨 Yuri Meikyo

     東京音楽大学付属高等学校、同大学ピアノ演奏家コース卒業。在学中、特待生奨学金を得る。同大学院器楽専攻鍵盤楽器研究領域(ピアノ)修了。
 第55回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部入選。第24回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディションE部門全国大会最優秀賞受賞。第18回ヤングアーチストピアノコンクールピアノ独奏部門Gグループ 銀賞(金賞なし)受賞。第65回東京国際芸術協会新人オーディション優秀新人賞(最高位)受賞。第20回ブルクハルト国際コンクール第3位(最高位)。第31回飯塚新人音楽コンクール 第2位、福岡県知事賞、飯塚市教育委員会賞等受賞。ラ・フォル・ジュルネ 熱狂の日 音楽祭2010ショパンの宇宙 エリアコンサート、日墺文化協会主催「日墺文化協会ガラコンサート13th(紀尾井ホール)」、パウロニア主催「ピアノ協奏曲の集い2014」TAMA21交響楽団との競演等、コンサートに多数出演。
 これまでに三浦捷子、清水和音、土田英介、三谷温、江口玲、稲田潤子、ロナルド・カヴァイエの各氏に師事。

石川 美羽 Miu Ishikawa

     2000年生まれ。大田区出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京藝術大学音楽学部在学中に、文部科学省「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」多様性人材コースに第10期生として合格、東京藝術大学、文部科学省より奨学金を得て、現在ニューイングランド音楽院(アメリカ・ボストン)に給費奨学生として在学中。
 ピティナ・ピアノコンペティションB、D、Jr.G、G級で全国大会入賞入選。全日本学生音楽コンクール、小学校の部で全国大会第3位、中学校の部東京大会第2位、2017年第22回コンセール・マロニエ21第2位、東京国際ピアノコンクール高校生の部第1位、ドリアードピアノアカデミーにて第1位及びあすなろ奨学金を、2016年かさま国際音楽アカデミーにてかさま音楽賞を授与される。また、大田区フレンドシップアーティストのオーディションに17歳で合格。12歳で日本クラシック音楽コンクールガラコンサートにてオーケストラとシューマンピアノ協奏曲で共演、13歳でニューヨーク・カーネギーホールデビュー、台日トップ交流コンサート、日本財団ランチタイムコンサートなど、国内外の演奏会に出演、東日本大震災や新型コロナウィルス支援などボランティアにも積極的に取り組んでいる。
 これまでにピアノを後藤康孝、財満和音、寺田悦子、大嶺未来、江口玲の各氏に、ソルフェージュを秋山徹也氏に師事。現在、ハエスン・パイク氏に師事。

木邨 清華 Sayaka Kimura

     東京都出身。東京都立芸術高等学校、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程に入学。学内にて声楽科ティーチングアシスタントを務める。東京藝術大学江崎スカラーシップ給付生。
 第15回大阪国際音楽コンクールAge-G第2位。第4回せんがわピアノオーディション優良賞、坂井千春賞。第5回Euregio piano award国際コンクール(ドイツ)カテゴリーC第1位。第9回岐阜国際音楽祭コンクール第1位、審査員特別賞。2019年、セイジ・オザワ松本フェスティバルリート教育プログラムにリートデュオとして出演。マントン音楽祭(フランス)、在ドイツ日本国大使館に於いてコンサート出演や大使公邸での勲章伝達式にて演奏等、各地にて演奏活動を行っている。
 2018-2019年度(公財)大田区文化振興協会フレンドシップ・アーティスト。現在、ベルリン芸術大学ソリスト科、パリ・スコラカントルム音楽院に在籍し研鑽を積んでいる。伊藤恵、Björn Lehmann、Philippe Entremontの各氏に師事。

秋山 紗穂 Saho Akiyama

     4歳よりピアノ、7歳より歌と作曲を学ぶ。
 2019年 東京音楽コンクールピアノ部門第1位及び聴衆賞。ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞。2012年 ショパン国際ピアノコンクール in Asia 中学生部門アジア大会 金賞及びソリスト賞。2013年 ウィーンマスタークルゼ パウル・バドゥーラ=スコダ氏のクラスのオーディションに合格、氏の推薦によりウィーンでの演奏会に出演。2014 年 横浜みなとみらいホール主催 コンチェルトソリストオーディション C カ テゴリー第1位、NHK交響楽団員を主に結成されたオーケストラと共演。 2015年 秋篠宮妃殿下ご臨席のもと、青少年のための国際福祉コンサートに出演。シンガポール大使館に推薦され、常陸宮両殿下、各国在日大使、政財他各界の方々ご臨席の慈善晩餐会にて、チャイルドエイドアジアの一員として演奏。2019年 日本オーストリア友好150周年行事として、ウィーン国立音楽大学にて邦人作品の演奏の依頼を受け演奏。
これまでに、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団と共演。
 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学を卒業。在学中、前学長 宮田亮平賞 受賞。現在、同大学院修士課程1年に在学中。伊藤恵氏に師事。2020年度 ロームミュージックファンデーション奨学生。