アプリコアートギャラリー(30年度)

平成30年度の展示

第1期:海の彼方

展示期間

2018年 5月24日(木)~8月21日(火)

展示作品

第1期は、「海の彼方」と題し、6作品を展示します。
海は、場所・時間・季節などによって異なる表情を見せます。
作品の1つ1つに描かれた海の思いを馳せ、その奥に広がる情景をお楽しみください。

 
安西啓明「海水浴」 1940年
作品名 作家名 制作年 サイズ(cm) 材質・形式
崖上の町(ポルトガル)
小山 洋 1987年
41×53(P10)
カンヴァス・油彩
奄美の海岸
天沼鋭一
制作年不詳 
130×162(100号)
不明
シッチスの港町
熊川昭典
1987年
65.2×91(P30)
カンヴァス・油彩 
カンヌ好日
熊川昭典
1989年
72.7×91(F30)
カンヴァス・油彩 
海水浴 安西啓明 1940年
115×174(P100相当)
絹本彩色
作品D
郡 慧子
制作年不詳 97×162(M100号)
カンヴァス・油彩 

第2期 :川辺の情景

展示期間

2018年8月23日(木)~11月25日(日)

展示作品

第2期は、「川辺の情景」と題し、7作品を展示します。
展示作品に描かれているのは、夕立に急かされて速度をあげる水の流れと橋の上を急ぎ走る人々や、夕暮れ色に染まる川岸の街並みなどの景色です。
時節によって移りかわる空と光、それらを映す川の流れと水辺の趣にご注目ください。

           
中村芳子「オレンジ色の風景 ニュルンベル」 制作年不詳


作品名 作家名 制作年 サイズ(cm) 材質・形式(画法)
サンマルタン運河(フランス) 小山 洋 1976年 80.3×116.7(P50 カンヴァス・油彩
「オレンジ色の風景」ニュルンベル 中村芳子 制作年不詳 116.7×91(F50) カンヴァス・油彩
九段坂の牛ケ淵(18) 安西啓明 1961年 91×117(F50) 紙本彩色
荒川古橋の夕日(37) 安西啓明 1963年  91×117(F50) 紙本彩色
小松川の大水門(24) 安西啓明 1962年  91×117(F50) 紙本彩色
水琴 安西啓明 1933年 174×180(2面) 紙本彩色

第3期 : 春を待ちわびて

展示期間

2018年11月27日(火)~2019年2月23日(土)

展示作品

第3期は、「春を待ちわびて」と題し、4作品を展示します。
霧に包まれて紫立つ山の美しい夜明けや、暗闇の中にほの白く、妖艶に咲く桜などが描かれた絵画を展示します。
寒さに凍える季節にあたたかな春の美しい景色を一足先にお楽しみください。


安西啓明「夜桜」 1931年


作品名 作家名 制作年 サイズ(cm) 材質・形式(画法)
「静かなとき」 塚本吉廣 1994年 73×91.5(F30) キャンバス・油彩
「夜桜」 安西啓明 1931年 174×202 絹本彩色
「梅花図」 安西啓明 1930年頃 180×115 絹本彩色
「春雪」 児玉 嶄 制作年不詳 162×130(F100) キャンバス・油彩

第4期 : いとおしい動物たち

展示期間

2019年2月26日(火)~5月21日(火)

展示作品

第4期は、「いとおしい動物たち」と題し、動物たちが登場する絵画6 作品を展示します。
軽やかに戯れる猿たちを描いた安西啓明「猿遊ぶ」、聖母マリアに寄り添う小動物たちを描いた「神からの贈り物(睦ましい)」や、三猿の萬意を画題とした弦田英太郎「舞妓三猿」などです。
さまざまな手法で描かれた動物たちのユーモラスな動きや愛らしい姿にご注目ください。

 
安西啓明「猿遊ぶ」 1956年頃


作品名 作家名 制作年 サイズ(cm) 材質・形式(画法)
猫の春 安西啓明     1956年 181×124 紙本彩色
猿遊ぶ 安西啓明
1956年頃 92×120 紙本彩色
豚と小屋 安西啓明 1926年頃 70×84 絹本彩色
神からの贈り物(睦ましい) 郡 慧子 制作年不詳 162×97(M100) カンヴァス・油彩
大空への幻想夜あけ 郡 慧子 制作年不詳 162×97(M100) カンヴァス・油彩
舞妓三猿 弦田英太郎 2004年 162×194(F130) カンヴァス・油彩