本文へ

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、大田区文化振興協会プライバシーポリシーをご参照ください。

同意する

公演情報

協会主催公演

名作展「大画面の奔流 川端龍子の『会場芸術』再考」

 

 2024年に富山と岩手で開催される「川端龍子展」を皮切りに、生誕140年を迎える来年以降も本州を縦断するように、日本画家・川端龍子(1885-1966)の画業を紹介する展覧会が開催される予定です。今後、龍子の大画面の作品を見たいと望む声は全国でますますと高まっていくことでしょう。そこで本展では、龍子が追求し続けた芸術理念である「会場芸術」を、戦前から戦後の大画面の作品を通じて紹介します。
 大正期に「展覧会場の壁面で見せる以上、それは特定の少数者のためではなく、広く大衆にうったえるべきである」と考えた龍子は、大画面の日本画作品の制作へと突き進んでいきました。そして、1929(昭和4)年に自らの美術団体・青龍社を設立すると、「大衆と芸術の接触」のために「会場芸術」を追求していく必要があると龍子は主張したのでした。時代は1930年代に入り、「非常時」と呼ばれた不穏な情勢の下、時事的な要素を取り入れた大作を龍子は次々と発表し、大衆の絶大な支持を得るところとなりました。
 本展では、泥沼化していった日中戦争の時に描かれた《花摘雲》(1940年)、終戦の年に描かれた疲弊した龍の図《臥龍》(1945年)や、さらには戦後、能楽の演目を描いた《小鍛冶》(1955年)、龍子記念館が開館した年に発表された《海鵜》(1963年)等の展示をとおして、空間性と時代性の表現によって、「大衆と芸術の接触」を密にしていこうとした「会場芸術」による大画面の奔流にせまります。

関連イベント

地域連携企画事業「風薫る美術館コンサート」
日 時:5月25日(土) 18:30~19:30
参加費:無料  定員:50名
会場:龍子記念館 展示室内

お申込みはこちらから

感染症対策について(ご確認の上、ご来場ください)

2024年3月20日(水・祝)~6月9日(日)

日程 9:00~16:30(入館は16:00まで)
会場 龍子記念館 
ジャンル 展示・イベント

チケット情報

料金(税込)

一般:200円  中学生以下:100円
※65歳以上(要証明)、未就学児及び障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
※4月7日(日)「第34回馬込文士村大桜まつり」開催日は、入館料無料

催し物詳細

川端龍子《臥龍》1945年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《海洋を制するもの》1936年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《越後(山本五十六元帥像)》1943年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《水雷神》1944年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《花摘雲》1940年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《小鍛冶》1955年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《海鵜》1963年、大田区立龍子記念館蔵