本文へ

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、大田区文化振興協会プライバシーポリシーをご参照ください。

同意する

公演情報

協会主催公演

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

 日本画家・川端龍子(1885-1966)は、画家を志した当初、洋画家を目指し油彩の作品を描いていました。28歳の時に転機が訪れ、日本画家へ転向、30代には再興日本美術院(院展)で活躍し始めます。そして、大正時代の自由な気風を背景に、龍子は洋画的表現を強く意識した日本画作品を発表し続けました。その後、昭和初期に自らの美術団体・青龍社を設立すると、「会場藝術」を標榜し、龍子は日本画の常識を打ち破る大作を次々と発表します。画壇の風雲児と呼ばれる活躍の中でも、龍子は「いわゆる日本画、いわゆる日本における洋画の区別は有るべきでは無い」と、日本画に洋画的表現の特長を融合させ、制作を続けました。一方、戦後になると、墨を基調とした古典的な描法にも龍子は挑みます。1958(昭和33)年の第29回ヴェネツィア・ビエンナーレにおいては、国際展で龍子がどのような作品を制作するか注目される中、墨の滲みをきかせ自宅の仏像を描いた連作「吾が持仏堂」が発表されました。
 このように、龍子は時代ごとに表現方法を巧妙に変化させながら、独自のスタイルを生み出していきました。本展では、《御来迎》(1957年)や《花摘雲》(1940年)、《山葡萄》(1933年)といった洋画的表現が意識された作品をはじめ、油彩《ひまわり》(明治時代後期)から院展時代の作品《土》(1919年)、《賭博者》(1923年)、そして、ヴェネツィア・ビエンナーレ出品の連作「吾が持仏堂」(1958年)等の展示を通して、「新しかる上」に「伝統を活かすの途」があるとした龍子の日本画観に迫ります。

関連イベント

「風薫る 美術館コンサート」 ※募集は締め切りました
開催日時:令和4年5月13日(金) 18:30~19:30
演  奏:トリトン弦楽四重奏団(企画・大森室内楽愛好会)
会  場:龍子記念館 展示室

新型コロナウイルス感染症に関する取り組み(ご確認の上、ご来場ください)

令和4年4月23日(土)~7月3日(日)

日程 9:00~16:30(入館は16:00まで)
会場 龍子記念館 
ジャンル 展示・イベント

チケット情報

料金(税込)

大人(16歳以上):200円  小中学生(6歳以上):100円
※65歳以上(要証明)、未就学児は無料。

出演者・作品詳細

川端龍子《山葡萄》1933年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《御来迎》1957年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《花摘雲》1940年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《土》1919年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《賭博者》1923年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子 連作「吾が持仏堂」より《十一面観音》1958年、大田区立龍子記念館蔵