本文へ

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、大田区文化振興協会プライバシーポリシーをご参照ください。

同意する

公演情報

名作展「川端龍子の院展時代 画壇の新巨星として」

 川端龍子(かわばたりゅうし 1885-1966)が、日本画家として頭角を現したのは、岡倉天心の精神を引き継ぎ、横山大観らによって再興された再興日本美術院(院展)に出品していた時のことでした。1915年の再興第2回院展で初入選を果たすと、翌々年には同人に推挙され、龍子は気鋭の画家として注目を集め、「画壇の新巨星」と呼ばれました。
 本展では、龍子が日本画家となって最初期に描いた《踏切》(1914年、当館寄託)に始まり、大観から厚く信頼され「一にも川端、二にも龍子」と言われるほど重用されたものの、院展を脱退することになった1928年までの当館が所蔵する龍子の院展時代の作品を一挙展示します。
 二頭の獅子を若さみなぎる豪快な筆致で描いた《阿吽》(1918年)や洋画的傾向が強く表された《白日夢》(1919年)、大画面制作のきっかけとなった《火生》(1921年)といった作品の他、14年にわたる院展時代をしめくくる大画面の三部作《使徒所行讃》(1926年)、《一天護持》(1927年)、《神変大菩薩》(1928年)といった作品を通じて、壮年期の龍子の野心溢れる日本画制作をご覧ください。

※大田区立龍子記念館は、展示替え作業などのため令和3年7月5日~7月16日まで休館します。7月17日からは、企画展「葛飾北斎『冨嶽三十六景×川端龍子の会場芸術』」を開催します。

新型コロナウイルス感染症に関する取り組み(ご確認の上、ご来場ください)

令和3年4月3日(土)~ 7月4日(日)

日程 9:00~16:30(入館は16:00まで)
会場 龍子記念館 
ジャンル 展示・イベント

チケット情報

料金(税込)

大人(16歳以上):200円  小人(6歳以上):100円
※65歳以上(要証明)、未就学児は無料。

出演者・作品詳細

川端龍子《阿吽》1918年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《白日夢》1918年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《火生》1921年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《使徒所行讃》1926年、大田区立龍子記念館蔵
川端龍子《一天護持》1927年、大田区立龍子記念館蔵

お問合せ

主催

大田区立龍子記念館

電話番号

03-3772-0680