本文へ

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、大田区文化振興協会プライバシーポリシーをご参照ください。

同意する

公演情報

大田区立熊谷恒子記念館 開館30周年記念展(後期)「恒子とゆかりの書 道ひとすじ」

大田区立熊谷恒子記念館は、書家・熊谷恒子(くまがいつねこ 1893~1986)が生前住んでいた自宅を改装し、1990年に開館しました。2020年に開館30周年を迎え、この機会を祝して、記念展を開催します。この展覧会では、恒子の代表作と恒子が愛蔵した書や資料を展示し、同時代の人々との交流を振り返ります。

後期では、1976年に、東京日本橋の髙島屋で恒子が、83歳で初の個展を開催した際に出品した初期作品《(臨書)寸松庵色紙》(1945頃)や、1982年、亡き夫・幸四郎が勤めた鳩居堂画廊の開業記念に、89歳で開催した卒寿展の出品作《花と見し》(1982)などを展示します。また、祖父・江馬天江(えまてんこう 1825~1901)や兄・江馬務(えまつとむ 1884~1979)の書、師・尾上柴舟(おのえさいしゅう 1876~1957)、もう一人の師・岡山高蔭(おかやまたかかげ 1866~1945)などの作品を紹介します。

師・岡山高蔭は「結局書は人なりである」と述べ、恒子はその言葉を座右の銘として書に勤しみました。恒子も「この道は他力本願であってはならないと思っている。礎石は出来ても、本建築は自力でしなければならぬ」とかなの研究一筋に、女性書家として活躍しました。恒子とゆかりのある人々との交流を通して、恒子の生涯をたどります。

新型コロナウイルス感染症に関する取り組み(ご確認の上、ご来場ください)

令和2年12月26日(土)~ 令和3年4月4日(日)

日程 9:00~16:30(入館は16:00まで)
会場 熊谷恒子記念館 
ジャンル 展示・イベント

チケット情報

料金(税込)

大人(16歳以上):100円  小人(6歳以上):50円
※65歳以上(要証明)、未就学児は無料。

出演者・作品詳細

写真
熊谷恒子《すまには》1964年 大田区立熊谷恒子記念館所蔵

お問合せ

主催

大田区立熊谷恒子記念館

電話番号

03-3773-0123