menu

  • 標準
  • 拡大
フリーワード 検索

馬込文士村演劇祭

  かつて山王・馬込エリアに存在した「馬込文士村」。
尾﨑士郎を中心に、宇野千代、川端康成、萩原朔太郎など、名だたる文豪や詩人たちが居住し、お互いの作品に影響を与えながら交流を深めていました。

『馬込文士村演劇祭』は、そんな大田区にゆかりのある作家たちの作品を、演劇やダンスといった実演芸術と共に紹介するために立ち上げた地域密着型の企画です。

馬込文士村演劇祭2020 映像編「空想舞台」

完成版

予告編(38秒)

2020 年度はコロナの影響により開催を見送りましたが、演劇祭の可能性や「馬込文士村」の魅力を広く知っていただくことを目的に、区内のさまざまな場所で撮影したドキュメンタリー映像をお届けします!

参加アーティストと作品
  『馬込文士村とは』 おどる詩集『サーカス』
(原作:中原中也)
 
清水 宏
(スタンダップコメディアン・俳優)

CHAiroiPLIN
(チャイロイプリン)
  『一千一秒物語』
(原作:稲垣足穂)
『星の王子さま』
(翻訳:内藤 濯)
 
日本のラジオ
 

Theatre Ort
(シアター オルト)
  『空想部落』
(原作:尾﨑士郎)
『散りぬるを』
(原作:川端康成)
 
劇団 山の手事情社

劇団 山の手事情社

  『蜜のあわれ』
(原作:室生犀星)
 
劇団 山の手事情社


今まで知らなかった「馬込文士村」の魅力がわかるかも!
2月24日(水)12:00から協会YouTubeチャンネルで配信開始します。

馬込文士村演劇祭2019 プレ企画

2019プレ企画 報告①
OTAアート・プロジェクト ~Road to 馬込文士村演劇祭~
『文士村座談会vol.1』

なぜ今、「馬込文士村」を取り上げるのか?
『馬込文士村演劇祭』を企画した経緯や文士村の魅力を、座談会形式でFaceBookから動画配信します。

[第一回配信] コチラから記録動画をご覧いただけます。
■日時:2019年10月24日(木) 19:30~20:30
■出演:安田雅弘(演出家・劇団山の手事情社主宰)、小笠原くみこ(劇団山の手事情社)
嶋村能守(大田区文化振興協会 文化芸術振興課長)、淵脇久子(大田区文化振興協会 文化芸術振興課 企画担当)
■協力:劇団山の手事情社、堤方4306


★次回の動画配信予定は未定となります。

2019プレ企画 報告②
OTAアート・プロジェクト
リーディング公演&トークイベント

■日時:2019年11月20日(水) 19:00開演
■会場:大田文化の森 ホール
■協力:劇団山の手事情社

[プログラム]
1部 リーディング公演
『空想部落』(リーディング)
原作:尾崎士郎、構成・演出:安田雅弘
出演:山本芳郎
『しあわせな王子さま』(公演)
原作:オスカーワイルド、翻訳:村岡花子
構成・演出:安田雅弘
出演:川村 岳、斉木和洋、谷 洋介、中川佐織、名越未央
2部 トークイベント「昔日の客」
ゲスト:関口直人、島田潤一郎
進行:安田雅弘
文士達に愛された古書店「山王書房」の店主関口良雄による著書を中心に、 店主のご子息 関口直人氏と、著書を再版した出版社の夏葉社代表 島田潤一郎氏の二人が、当時の文士達の暮らし、交流、人柄などを語りました。

2019プレ企画 報告③
文学YouTuberベル[ベルりんの壁] 
『私の文学的な1日in 馬込文士村』

「馬込文士村演劇祭」の舞台となる、大田区大森の山王~馬込エリアをご紹介!
人気Youtuberベルさんに、馬込文士村の歴史をたどる町めぐりをしていただきました。

動画はこちら

[プロフィール]
文学YouTuberベル
YouTubeで、読書の魅力を発信する動画クリエイター。登録者9万人超。「気軽に読書を楽しめる仲間を増やしたい」という思いで、日々の活動を行う。人気のジャンルは、書評動画。作家対談や本にまつわるあれこれの解説も行う。
http://bellelinwall.com/

[クレジット]
立案:東京ピストル、企画・編集:文学YouTuberベル、ディレクション・撮影:川本 直人
監修:黒崎 力弥(大田区立尾﨑士郎記念館・山王草堂記念館学芸員)