【ご案内】名作展「鳥獣百科 龍子の描いた生きものたち」 の開催

2017/12/03展示(お知らせ&トピックス)_施設_龍子記念館

名作展「鳥獣百科 龍子の描いた生きものたち」
会期:平成29年12月23日(土・祝)~平成30年4月15日(日)

展示内容の紹介

日本画家・川端龍子の豪快な大画面の作品群の中には、ユーモラスなしぐさをしたり、画家のやさしいまなざしで捉えられた生きものたちが数多く登場します。本展では、上野動物園に象を迎えた《百子図》(昭和24年)や妖術によってたくさんの小猿たちが飛び出す《孫悟空》(昭和37年)、愛犬家だった龍子が飼犬とのおだやかな日常を描いた《秋縁》(昭和22年)などをとおして龍子が描いた生きものの多彩な表現にせまります。

名作展「鳥獣百科」 プレスリリース(PDF)


川端龍子《孫悟空》1962年、大田区立龍子記念館蔵


川端龍子《百子図》1949年、大田区立龍子記念館蔵

 展示情報

会期 平成29年12月23日(土・祝)~平成30年4月15日(日)
開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始休館:平成29年12月29日~平成30年1月3日
入館料 一般:200円  小中学生:100円
※65歳以上(要証明書類)、未就学児は無料。
龍子公園のご案内 10:00、11:00、14:00
※上記のお時間に解説つきでご案内いたします。
ギャラリートーク 1月28日(日)、2月25日(日)、3月25日(日)、4月15日(日)
各日 13:00~
会場 大田区立龍子記念館