大田区民プラザ公演情報

人形浄瑠璃 文楽 【昼の部】 *完売御礼

2017 03/08 (水)

公演(公演情報)_施設_大田区民プラザ

太夫・三味線・人形が一体となった総合芸術の人形浄瑠璃 文楽。
蘇我入鹿暗殺を題材とし、入鹿討伐に巻き込まれた庶民の娘の悲恋を描く「妹背山婦女庭訓(四段目)」をお届けいたします。


会場 大田区民プラザ 大ホール
開演
(開場)
13:30 (13:00)
内容 解説

妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)
 ~杉酒屋の段(すぎさかやのだん)
 ~道行恋苧環(みちゆきこいのおだまき)
 ~姫戻りの段(ひめもどりのだん)
 ~金殿の段(きんでんのだん)

チケット情報   ※完売御礼

オンラインチケット購入 *昼の部 予定枚数を終了いたしました 
チケットの購入方法についてはこちらをご覧ください。

料金(税込)

全席指定:3,800円  昼夜セット券:7,000円   U25:1,000円  ※未就学児不可

※セット券は電話および窓口のみのお取扱いとなります。オンラインチケットでは購入できません。

各種サービス内容

Under25シート

Under2525歳以下の方が対象の割引制度です。
公演当日に残席がある場合のみ販売します。年齢が確認できるものをご提示ください。

託児サービス(有料)

託児サービス

0歳児から小学生未満までのお子様が対象です。(要予約)
→マザーズ:0120-788-222(土日祝除く10:00~12:00/13:00~17:00)

 


あらすじとみどころ

妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)

古代、大和で起きた蘇我入鹿のクーデター。ひそかに討伐計画を進める藤原鎌足・淡海父子-のちの天智天皇と藤原鎌足による蘇我入鹿暗殺(645)を題材とし、大和の様々な伝承を織り込んだ、近松半二ほか合作の五段の時代物で、明和八年(1771)、竹本座初演。入鹿討伐に巻き込まれた庶民の娘の悲恋を描く四段目をお届けします。

杉酒屋(すぎさかや)今日は七夕。三輪の里の杉酒屋の娘お三輪が、糸先に針をつけた紅白の苧環を供えて星に願うのは、最近隣りに引っ越して来た求馬との変わらぬ愛。ところが、求馬のもとには毎夜美しい姫が訪れていました。顔をあわせたお三輪と姫は、求馬の取りあいに。やがて夜道を駆け去る姫。決して素姓を明かさない姫の正体を暴こうと、あとを追う求馬。恋人を奪われまいと、お三輪も苧環を持ったまま追いかけます。

道行恋苧環(みちゆきこいのおだまき)姫に追いついた求馬とお三輪。再び求馬を奪いあう二人。夜明けが迫り、先を急ぐ姫の袂に、求馬は手にしていた苧環の針をつけ、糸を頼りに追跡します。お三輪も同じく求馬の裾に針を刺したのですが……。

姫戻(ひめもど)り】姫が戻った先は入鹿の御殿。求馬実は淡海との恋を叶えるため、入鹿の妹であることを隠していた橘姫は、淡海のために、命に替えても、宮中から入鹿が盗んだ宝剣を奪い返そうと決意します。

金殿(きんでん)途中で糸が切れ、やっとのことで御殿にたどり着いたお三輪。その耳に、今宵、求馬と姫が祝言を挙げるとの話が。恋人を奪われ、官女たちからも散々に辱められ、嫉妬と怒りに荒れ狂うお三輪を刺したのは、鎌足降参の使者漁師鱶七と偽って入鹿のもとに来ていた、鎌足の家来金輪五郎でした。鹿の生血を飲んだ母から生まれた入鹿の唯一の弱点は、爪黒の鹿の血と嫉妬に狂う女の生血とを注ぎかけた笛の音を聞くと、意識を失うというもの。既に鹿の血は鎌足の手にあり、あと必要だったのは女の血。それが得られた今こそ入鹿討伐のとき―求馬の正体を知らされ、自身の死が恋人の役に立つことを喜んだお三輪は、ひたすら求馬を恋い慕い、息絶えます。

 美男美女三人による星空のもとでの美しい道行、豪華な御殿、そこに迷いこんだ娘の恋ゆえの不安や悲しみ、激しい怒りと哀れな最期、官女の意地悪さも含めて、見どころにあふれた人気演目です。

人形のかしらとは?  

                       
                                
       『妹背山婦女庭訓』お三輪       『近頃河原の達引』おしゅん

 昼の部の『妹背山婦女庭訓』の「お三輪」も、夜の部の『近頃河原の達引』の「おしゅん」も、種類は同じ「娘」と言うかしらを使います。かしらの作者やその時々の出来具合によって、丸顔だったり細面だったりと表情が個々に違います。 国立文楽劇場では400個弱のかしらを所蔵していますが、そのうち娘のかしらは15~16個ほど。 人形遣いのうちの「首割委員」が、演目や配役が決まって「娘」のかしらを使う役があると、その「娘」のかしら15~16個のうちから、キャスティングするのです。
 こうして写真で見てみますと、同じ「娘」のかしらでも「お三輪」と「おしゅん」は違ったように見えますね。 これは衣裳の違いももちろんあるのですが、髪型や髪飾りなどでも境遇を表します。 今の時代、髪を結うというのはあまり機会がありませんが、アクセサリーは着けますね。もし、「ティアラ」を普段使いしている方がいたら「お嬢様」なのかも・・・と思いますね(笑)。
  少しオーバーな例えでしたが、同じかしらでも、衣裳、髪型、髪飾りなどの違いでまったく別の人形に見えることがわかります。しかし重要なのは別の人形に見えるかどうかではなく、その人(役)に見えるかどうかで、これは人形遣いだけではなく、太夫・三味線も重要な役割を担っているのです。

協力:公益財団法人文楽協会

文楽入門講座 聴講生募集!

文楽公演に出演している技芸員による実演を間近でご覧いただきながら、技芸のことや舞台裏のお話を聞く講座です。
 ※聴講生募集は締切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

対  象:2017年3月8日(水)「人形浄瑠璃 文楽」のチケットを購入された方。昼の部、夜の部どちらでも可。
日  時:2017年3月8日(水)16:40~17:10
会  場:大田区民プラザ 小ホール
講  師:人形浄瑠璃文楽座の技芸員
費  用:無料
定  員:50名
申込期間:チケット発売日~2017年2月8日(水)必着
申込方法:『往復はがき』に購入したチケットの座席番号、ご鑑賞の部、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・年齢・
電話番号・希望人数(はがき1枚につき2名まで)を明記のうえ、下記へお送りください。
※返信用はがきには、代表の方の住所と氏名をご記入ください。
※申込はお1人様1通までとさせていただきます。なお、お申込みが多数の場合は抽選となります。

申 込 先:〒146-0092 大田区下丸子3-1-3 大田区民プラザ内
     (公財)大田区文化振興協会 文化芸術振興課「文楽入門講座」係
     ☎03-3750-1611