• 大田区立熊谷恒子記念館

    大田区立熊谷恒子記念館の画像
  • 熊谷恒子記念館(玄関)

    熊谷恒子記念館(玄関)の画像
  • 熊谷恒子記念館(展示室)

    熊谷恒子記念館(展示室)の画像
  • 熊谷恒子記念館(庭園)

    熊谷恒子記念館(庭園)の画像

熊谷恒子記念館とはのタイトル画像

熊谷恒子記念館は、現代女流かな書の第一人者として活躍した熊谷恒子(1893-1986)が、生前に住んでいた自宅を改装し、平成2年4月に開館しました。
記念館は、昭和11年に建てた自宅の雰囲気をそのままに、恒子の優美な書をご覧いただくことができます。

当館では、熊谷恒子の作品を約170点所蔵しています。
展覧会のテーマに合わせながら、恒子の書の世界をお楽しみいただけます。

熊谷恒子(くまがい つねこ)の画像
熊谷恒子(くまがい つねこ)

展示室の様子の画像
展示室の様子。恒子の流麗な書作品を展示しています。

恒子が実際に使用していた書斎の画像
恒子が実際に使用していた書斎もご覧いただけます。

熊谷恒子略年譜のタイトル画像

1893(明治26) 京都市に生まれる。
1914(大正 3) 京都にて熊谷幸四郎と結婚、東京へ転居
1931(昭和 6) 川北桜嶼(昭和3)、尾上柴舟(昭和5)を経て、岡山高蔭に師事。
1933(昭和 8) 泰東書道院展出品作「土佐日記」東日・大毎賞受賞。
1936(昭和11) 新居(現・大田区立熊谷恒子記念館)を構える。
1951(昭和26) 日本書道美術院理事就任。
1957(昭和32) 堅香子会主宰。
1965(昭和40) 皇太子妃美智子殿下(現皇后陛下)へ書道ご進講を拝命。
1965(昭和40) 毎日書道会名誉会員となる。
1967(昭和42) 大東文化大学教授着任。
1967(昭和42) 勲五等宝冠章受章
1970(昭和45) 日展参与就任。
1980(昭和55) 勲四等宝冠章受章
1986(昭和61) 9月30日に93歳で死去。