アプリコ公演情報

キューバン☆ファンタジー en Vivo! Ⅱ
オルケスタ・デル・ソル&オルケスタ・デ・ラ・ルス

2017 03/18 (土)

公演(公演情報)_施設_アプリコ

  • チケットぴあ公演時間情報の誤表記について
  • 日本を代表する2大サルサバンドが、ついにアプリコへ登場!
    さらにスペシャルゲストは、織田哲郎と大黒摩季。またとない奇跡がここに実現します!

     ※開演(17:30)前に大田区立中学校吹奏楽部の演奏がございます。

    会 場
    大田区民ホール・アプリコ 大ホール


    開 演
    (開場)
    17:30 (16:30)
    出 演
    オルケスタ・デル・ソル 
     featuring 織田哲郎
    オルケスタ・デ・ラ・ルス
     featuring 大黒摩季
     
    伊波秀進&ザ・ビッグバンド・オブ・ローグス
      (東京キューバンボーイズJr.)
     featuring ルイス・バジェ(トランペット)、
          伊波 淑(パーカッション)
    備 考 ミュージカル・ディレクター:森村 献
    制  作:ビッグバンド サービス クリニック いば ひでのぶ
    制作協力:株式会社Uno Music
    後  援:キューバ大使館 

    チケット情報

    オンラインチケット購入チケット好評発売中
    チケットの購入方法についてはこちらをご覧ください。

    料金(税込)

    全席指定 ※未就学児不可
    S席 5,000円  A席 4,000円

    各種サービス内容

    チケットぴあ

    チケットぴあこのマークのある公演はぴあでチケットをお申し込みいただけます。
    (一部携帯電話とPHSはご利用いただくことが出来ません。)

    Pコード:310-320

    出演者プロフィール

    ★オルケスタ・デル・ソル                ★オルケスタ・デ・ラ・ルス

     1978年、ペッカーの呼びかけにより日本初のサルサバンドとして産声を上げる。レコード・デビューは1981年。ディスコメイト・レコードから「レイン ボー・ラブ」、翌82年にはライブ録音の「ハラジュク・ライブ」がリリースされた。その後メンバーチェンジを繰り返しながらも、日本語で唄うサルサを試む 等、つねに先駆者としての存在をアピールしてきた。又、1983年から5年間在籍していた大儀見元(Perc)、ノラ(Vo)が後に結成したオルケスタ・デ・ ラ・ルスや、森村献がプロデュースしたチカ・ブーンには絶大なる影響を与える等、オピニオン・リーダーとしての役割も見逃せない。1993年にはJリーグ ガンバ大阪のオフィシャル・テーマソングになったシングル「太陽のイレブン」をリリース。それに伴いアルバム「デルソル」が MCAビクターからリリースされる。アルバムではキューバ人で世界最高のコンガ・プレーヤー、タタ・ウィネスが「EL AMOR ES FATAL」で豪快なソロを披露している。以降現在までアルバム「コンパニェーロス」「ルンバ」「ブラボー!」、「パランテ」、「カルカハーダ」をリリースするかたわら「レインボーラブ」、「ハラジュクライブ」のCD復刻盤(ボーナストラックを付加)もリリース。さらに2016年にはベスト盤「THE VERY BEST of DEL SOL」をリリスしここでは新メンバのJulian Oscar Tapia (vo)がフィチャされたライブ録音も2曲収録されている。

       1984年結成。1989年に自費によるNew Yorkツアーを決行し大ブレイク。1990年BMGビクターより『DE LA LUZ』で国内、海外デビュー。このアルバムが全米ラテンチャートで11週連続1位を獲得するという快挙を成し遂げた。その活動は世界に認められ、国連平和賞、グラミー賞ノミネート、日本レコード大賞特別賞(2回)New York批評家協会賞、世界22カ国でのツアーNHK「紅白歌合戦」出演カルロスサンタナとの共演など、目覚ましい活躍を続ける。1997年に解散するも、2002年活動を再開。国内、海外ツアー、イベント出演、楽曲提供、国内のアーティスト(井上陽水、松任谷由実、宮沢和史、山崎まさよし、大黒摩季、他)とのコラボレーション、タモリカップ出演、子供達への学校公演など、「日本ラテン化計画」をテーマに、日本を明るく元気にするべく、勢力的に活動を続けている2015年春のビルボードライブツアー敢行フジテレビ系列「ヨルタモリ」、NHK「The Covers」に出演し、井上陽水氏とのコラボでも話題に。井上陽水氏の歌う、NHK「ブラタモリ」のテーマ曲を演奏。5月27日にAmazon Recordsよりビルボードライブの音源を高音質で録音したLIVE DIRECTアルバムが発売。Amazonのワールドチャートで1位を獲得したのが記憶に新しい。



    ★織田哲郎 (スペシャルゲスト)

     1979年にプロデュースユニットWHYでデビュー。同時にアーティストへの楽曲提供やプロデュースを始める。「シーズン・イン・ザ・サン」「世界中の誰よりきっと」「負けないで」など次々とヒット曲を放ち「おどるポンポコリン」ではレコード大賞作曲賞を受賞。 自身の シングル「いつまでも変わらぬ愛を」はミリオンセラーを記録する。
     近年ではKinKi Kids、AKB48などにも楽曲を提供。 また相川七瀬などをプロデュースする ほか、TVアニメ主題歌や劇伴曲の作曲・プロデュースも行う。
     2015年にはダイアモンド✡ユカイらと新バンド『ROLL-B DINOSAUR』を結成し、キングレコードよりアルバムをリリース。

    ★大黒摩季 (スペシャルゲスト)

     札幌市出身、1992年「STOPMOTION」でデビュー。 2作目のシングル「DA・KA・RA」を始め「チョット」「あなただけ見つめてる」「夏が来る」「ら・ら・ら」などのミリオンヒットを立て続けに放ち、1995年にリリースしたベストアルバム「BACK BEATs #1」は300万枚を超えるセールスを記録する。1997年の初ライブでは47,000人を動員し、その存在を確固たるものにする。2010年病気治療のためアーティスト活動休業。その間は、地元・北海道の長沼中学校に校歌を寄贈、東日本大震災により被災した須賀川小学校への応援歌・歌詞寄贈、東日本大震災・熊本地震への復興支援などの社会貢献活動を主に行ってきたが、いよいよ2016年 6月20日に、アーティスト活動再開を宣言。そして8月10日に約6年ぶりとなる新曲「Higher↗↗ Higher↗↗」を配信リリース。 同月13日、ライジングサン・ロックフェスティバルでの出演を皮切りに、  故郷である北海道からアティスト活動を本格化し「Higher↗︎↗︎Higher↗︎↗︎ ~Single ver.~も収録したベストアルバム「Greatest Hits 1991-2016~All Singles+~」を11月23日にリリースする。

    ★ルイス・バジェ(トランペット)


     キューバ ハバナ市生まれ。1993年 三男のユムリをリーダーとして、兄弟4人で『ユムリ・イ・スス・エルマーノス』を結成。
     1994年初来日。1998年日本で『トロピカンテ』と「アフロキューバミーゴス!」を結成。ラテンジャズ、サルサ、アフロ等、キューバ特有の多様なリズムが持つ旨味とコクを引き出し、刺激的な音楽を作りだしている。
     2001年初のソロアルバム「アガラテ!」をリリース。他、NORA、The Boom、宮沢和史、矢沢永吉、中島美嘉等のレコーディングやツアーに参加。2002年全ブラスで参加した「Tremenda Rumba」が2003年グラミー賞Best Salsa Album部門でノミネートされる。

    ★伊波 淑(パーカッション)


     ラテンパーカッションをチコ 島津、ジャズドラムを海老沢 一博氏にそれぞれ師事。コンサート&ライブを中心に活動する傍ら、学生吹奏楽、社会人ビッグバンドのクリニックを通して次世代の育成に努めている。
     2015年3月まで熱帯JAZZ楽団に所属し、同年4月から、「オルケスタ・デ・ラ・ルス」に所属。その他、井上陽水のアルバムに参加、NHKに出演。
     2015年12月から自らのLatin Jazz Big Band「オルケスタ・フローレス」をスタートさせ、一層活躍の幅を広げている。

    ★伊波秀進&ザ・ビッグバンド・オブ・ローグス(東京キューバンボーイズJr.)


     1968年、リーダー伊波秀進が東京六大学OBを中心に結成した社会人アマチュア・ビッグバンド。
     1987年、東京キューバンボーイズ・リーダー「マエストロ見砂直照」氏より、「東京キューバンボーイズJr.」の名前と譜面を授けられる。これまでも国内外の最高峰アーティストとの共演を数多く経験。
     2017年で結成50年目を迎える。

    プロデューサー伊波秀進さんへインタビュー

    2017年は結成50周年! 「東京キューバンボーイズ」のリーダー 故 見砂直照から直々に譜面を譲り受け、「東京キューバンボーイズJr.」を名乗るバンド、ザ・ビッグバンド・オブ・ローグス。プロデューサーであり公演にも出演するバンド・リーダーの伊波秀進が、「オルケスタ・デル・ソル&オルケスタ・デ・ラ・ルス」について語ります!

     
     ★「キューバン☆ファンタジー en Vivo! Ⅱ」の魅力とは?

     前回の「キューバン☆ファンタジー en Vivo!」に引続き、第二弾となります。
     キューバへ実際に行ってみて、改めてキューバのライブハウス演奏に魅了されました。今回はオルケスタ・デル・ソルとオルケスタ・デ・ラ・ルスが出演することになり、キューバのライブハウスを彷彿とさせる演奏は、キューバに限らず世界に通じるバンドだと改めて認識しています。日本を代表する2大サルサ・バンドが共演することは重要な見どころです。
     オルケスタ・デル・ソルから誕生したのがオルケスタ・デ・ラ・ルスですが、ライバルであり良き仲間であるバンド同士が一緒の舞台に立つことで、新たな魅力が引き出されると思います。お互いの良さを表現し合う新しいキューバ音楽のビッグバンドとなって盛り上がることでしょう。


    ザ・ビッグバンド・オブ・ローグスとして出演することについてはいかがですか?
     偉大なサルサ・バンドと同じ舞台で演奏できることは、とても光栄です。

     ザ・ビッグバンド・オブ・ローグスは、毎年大田区民プラザ大ホールで開催する「下丸子JAZZ倶楽部Happy Birthday CONCERT」や大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」等に出演しており、長年大田区の皆様に愛されてきました。楽しみに来てくださるお客様に晴れ舞台で、ルイス・バジェと伊波 淑をゲストにラテンスタイルのビックバンドとして演奏できることが嬉しいです。ビッグバンドが盛んだった時代を知る世代のお客様や知らない新しい世代にも魅力を少しでもお伝えできればと思います。

     
    リニューアルオープン後のアプリコ大ホール公演について一言お願いいたします。

     リニューアルをきっかけに、お客様に快適にご利用していただくために、サービスが向上されることと思います。それを踏まえて、より良い公演内容を提供できればと考え、出演者でありながらプロデューサーである立場からこうした最大のチャンスを活かして、アピールしていくことが重要であると思います。
     大田区と30年歩んだ成果が実を結ぶ素晴らしい公演になることを願っています。

    お詫び

    チケットぴあ公演時間情報の誤表記について

    『キューバン☆ファンタジーen Vivo!Ⅱ オルケスタ・デル・ソル&オルケスタ・デ・ラ・ルス』公演について
    「チケットぴあ」に記載の公演時間情報に一部誤表記がございました。
    詳細は以下のとおりです。既にご購入頂きましたお客様へは、深くお詫び申し上げます。

      正) 開演17:30 (開場16:30)
      誤) 開演17:00  (開場16:00)