menu

  • 標準
  • 拡大
フリーワード 検索

協会創立30周年記念事業 映画「大舞台は頂いた!」

映画「大舞台は頂いた!」は (公財)大田区文化振興協会創立30周年を記念して
初めて制作に取り組む約60分の短編映画です。
このたび、公募によるオーディションを行い、主演女優を選出します。
クランクインは2017年春。同年秋の公開を目指しています。
そして、上映は劇場やインターネットを通じて無料で誰でも見ることができる、
新しいタイプの映画になります。
監督はTAMA NEW WAVEなど数々の映画祭でグランプリを受賞し、
ネットの世界ではCMを年間100本以上制作している神酒大亮氏。
公立劇場を舞台に、衝撃のラストまで駆け抜ける、笑いあり、涙ありの痛快コメディーです!!


 

「舞台を盗む!主演女優はお前だ!」
コロッケ屋でバイトをしている庭野ハナは、 余命いくばくもないという怪しげなじいさん区三郎に声をかけられる。
最期に演劇舞台の演出をするというかつての夢をなんとかかなえたい区三郎は、近所の文化施設で見た「30周年演劇イベント」のチラシを見て、この舞台を乗っ取ろうと考えた。
舞台のタイトルは「奇跡の人」。
“見えない”“聞こえない”“話せない”という重いハンデキャップを克服したヘレン・ケラーと、彼女に光を与えた“奇跡の人”サリバン先生の実話を元にした有名な作品だ。
ちょうどオーディションに落選したばかりのハナとアルバイト仲間の姫子は、この奇妙な出会いに賭けてみることに・・・。
かくして舞台女優をめざすべく、じいさんによる大特訓が始まった・・・。
果たして、舞台をドロボウするなんてことはできるのか。
命をかけた、じいさんの舞台乗っ取り計画とは!?